ページ

swf

title

2014-木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)に対する告訴状(被疑事実殺人未遂)のブログ版

2015年1月13日火曜日

2015-01-13-2034_小倉秀夫弁護士の再審請求と日弁連に関するツイートについ て\金沢地方検察庁御中

"=========== Meta ============
"StrID : 10800
"Title : 小倉秀夫弁護士の再審請求と日弁連に関するツイートについて
"Cats : 2015-木梨松嗣弁護士(金沢弁護士会)に対する告訴状(被疑事実殺人未遂)のブログ版
"Tags : 告訴状の下書き,小倉秀夫弁護士,日弁連
"========== Content ==========
<2015-01-13 火 06:41> [ ←これからの記述範囲の開始時刻]]

この項目は「小倉秀夫弁護士の再審請求と日弁連に関するツイートについて.txt」というファイルとして新規作成しました。文書の階層的な配置は「告訴に至る経緯/刑事司法や刑事弁護の現状」の下になります。

"2015k_280","日弁連ってそんなにバカではないので、日弁連が冤罪と位置づけている事件ってマジ冤罪なんだと思うけど、それでも再審請求を/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=280"

上記がこの項目で取り上げる小倉秀夫弁護士のツイートをブログのエントリにしたものです。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/01/10 11:55 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/553746804307542018
日弁連ってそんなにバカではないので、日弁連が冤罪と位置づけている事件ってマジ冤罪なんだと思うけど、それでも再審請求をはねつけ続ける裁判官って凄いよね。

上記が当該ツイートそのものの情報になります。APIで取得したデータですが、本年1月10日の11時55分に投稿されたツイートであることも確認できます。2行になりますが、2行目はツイートの本文になるので、告発-金沢地方検察庁御中_ツイッター(kk_hirono)には投稿しません。

本文を引用した旨の記載がないと、告発-金沢地方検察庁御中_ツイッター(kk_hirono)そのものと投稿と誤解される可能性があるからです。

小倉秀夫弁護士に関しては「2013年6月から2014年12月に作成した告訴状の下書き」でもいくつか取り上げていると思いますし、ブログでの参考資料としての取り上げも多い弁護士です。

「% h-mysql-python-2014k-query-all.py |grep /小倉秀夫弁護士 | wc -l」というコマンドを実行したところ475件という結果が出ました。かなりの数になると思いますが、理解しがたい問題性を強く感じるツイートでの発言がほとんどです。

ここでいちいち取り上げてもきりのないことで本筋からも外れてしまうので、言及は極力最低限にとどめておきたいところです。小倉秀夫弁護士は先程も次のようなツイートをしていましたが、挑発的とも言える発言は累次に渡るもので、考え方にも態度にもぶれというものを見受けることはありません。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/01/13 09:09 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/554792418319413248
競争を厳しくしておいてそんなことをおっしゃられても。RT @takujihashizume: 若手弁護士が若いベンチャー経営者に対し、違法とは言い切れないがグレーな法解釈を躊躇なく提供したり、信義に悖る行為をなかば後押しする事例をしばしば目撃するようになりました。

小倉秀夫弁護士は現状の弁護士の社会的評価、扱いに強い不満があるようですが、それをストレートにぶちまけている点は、正直者な人柄とも見えることもありますし、返信を返すことは少ないですが、意見をぶつけてもブロックすることはないというある種の信頼感を持ち合わせた弁護士でもあります。

実際のところ他人の意見に素直に耳を傾け事実関係を調べるタイプとも思えないのですが、依頼者に対しては真摯に向き合い弁護士としての業務を徹底する職人肌の弁護士を思わせるような発言も見受けることがあります。

専門が知財関係の分野で、刑事弁護はほどんどやっていないか、国選弁護に関してはまるでやっていないしやる気もないという発言をしております。国選弁護や司法制度改革に関する批判的な発言は多いので、真意を測りがたいところもあるのですが、弁護士としての利益の追及しか頭にないとも見えます。

個性的で特異な点が際立つ弁護士ではありますが、弁護士の業界としての現状や有り様を如実にあらわしているとも言える。とても参考になる弁護士の一人として注目してきました。

言うまでもなく小倉秀夫弁護士は本物の弁護士であり、プロフィールには専門書の著作や大学で講師をしていることなど経歴が列挙されていています。そのまま辿れないリンクですが、ホームページにはプライバシーや名誉毀損も専門分野のように記載があります。

さきほど久しぶりにそちらのプロフィールや同じサーバのドキュメントルートにあたるホームページを確認したのですが、報酬額が引き下げられるなど以前とは違いがあるようにも見受けられました。

不確実なことを書くわけにもいかないし、手違いを起こさないという保証もできないので、スクリーンキャストとしてその辺りのページを記録しておこうと思います。動画として保存しYouTubeにアップロードするまではいくらか時間がかかりますが、作業に入りたいと思います。

YouTubeへのアップロードをやっています。アップロード自体はすぐに終わるのですが、その後の変換処理にはかなり時間のかかることがあります。いつまで経っても変換処理が終わらず失敗することもありましたが、最近は時間は以前と同じくらいかかるものの失敗することはないという感じです。

プロフィールのページヘのリンクはTwitterのプロフィール情報にありますが、そのTwitterのプロフィール情報自体は外国語で書いてあります。以前英語のつもりで自動翻訳を試みたのですが失敗して、さらに調べるとイスパニア語(スペイン語)らしいことがわかりました。

なぜプロフィールをスペイン語にしているのか不思議に思ったので、小倉秀夫弁護士に質問をしたのですが、これも回答は未だに受けておりません。Twitterの名前も小倉秀夫となっているので、一見すると弁護士とは気が付かない人もいるかも知れません。

YouTubeへのアップロードが無事完了していました。次のURLです。

▶ 小倉秀夫弁護士のプロフィール情報等の閲覧記録_2015年01月13日16時18分24秒.mp4 - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=yuZVXbdu8jk&feature=youtu.be

以前は「Lee Mi Prof」などと名前の後ろにカッコ書きがありました。外国語なのではっきりした意味はわからないですが、「私のプロフィールを見て」というような意味だと、直感的に伝わりそうなものでした。

スクリーンショットの画像ファイルを一つみつけたので、非常上告-最高検察庁御中_ツイッター(@s_hirono)の方に画像をアップロードしました。次のものです。Twitterのデザイン自体が現ざとは違う古いものにもなっています。時期はファイル名に含まれています。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中_ツイッター) 日時:2015/01/13 16:40 ツイート: https://twitter.com/s_hirono/status/554905701928026113
小倉秀夫_プロフィール_2013年07月06日04時05分11秒.jpg http://t.co/BD4VIqrB8L

いまだにツイートでの発言内容をみていると信じ難くもなるのですが、中央大学と明治大学で講師をしているらしく、所属する法律事務所の方も、比較的規模の大きい大人数の事務所のようです。

その発言には皮肉屋風刺が込められていることもあるのかと考えることもありますが、そういう要素や可能性をいくら差し引いて考えても理解を超えるものが多いです。

いずれにせよ、それなりにしっかりした社会的基盤を持つ弁護士と考えられるので、それも業界の現状として捉え、それを前提にして市民社会が拠って立つ足元を見つめなおす必要を感じます。

小倉秀夫弁護士への批判が主たる目的ではありません。今回、小倉秀夫弁護士のツイートを切り口に選択したのは、再審請求と日弁連という大きなキーワードが含まれているからです。

弁護士に多く見られる対応、態度にも通じる要素が色濃くありながら、社会へのメッセージ性の強い発言を繰り返し、評価や批判をしていることも大きいです。

似たようなインターネットの利用をしている弁護士は他にも散見されますが、反論を受け付けず即座にブロックをしたり、自ら関わる案件に集中したり情報の発信の仕方が余りにも一方的で、恣意的と思える実名アカウントの弁護士もいます。

具体的に名前をあげれば、落合洋司弁護士(東京弁護士会)や郷原信郎弁護士です。どちらも元検事でいわゆるヤメ検という種類の弁護士にもなります。

今回中心的に取り上げるツイートより前に見かけたとも思いますが、ヤメ検というキーワードを含んだ小倉秀夫弁護士のツイートをひとつ見かけ、高度な検索でまとめて調べたことがありました。

これは再審請求を含め、刑事弁護や刑事司法の根幹に関わる問題と考えるので、ヤメ検をタグのキーワードに指定したブログのエントリを次にまとめてご紹介しておきたいと思います。

"2014k_4004","ヤメ検信仰って根強いんですね。/小倉秀夫弁護士","http://hirono2014k.wordpress.com/?p=4004"
"2015k_178","ヤメ検ならあるかも。RT @uwaaaa: 月100万の顧問契約なんてあり得るのか・・・/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=178"
"2015k_180","労働生産性という意味では、企業犯罪や汚職事件等での大物ヤメ検さんの起訴前弁護が業界的には一番だろうなあ。弁護士業界の労働生産性を/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=180"
"2015k_182","やっぱり、いつでも冤罪で有罪になる危険があると思わないと、ヤメ検さんに高い顧問料払う気になりませんし。RT/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=182"
"2015k_184","同期で集まったときには、ヤメ検さんが高い報酬を取って何もせず、結局、自分たちがその尻ぬぐいをさせられているという話をたんまり聞きます/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=184"
"2015k_186","刑事弁護を真面目にやっている生粋系の弁護士の方が、私のような企業法務系より、よほどヤメ検に対して怒っているよね/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=186"
"2015k_188","弁護人がきちんと弁護活動を行えば無実の人は無罪となる刑事裁判制度の元では、ヤメ検さんに高いお金を払う必要がなくなってしまいますし/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=188"
"2015k_190","起訴に関していえば、ヤメ検の大物に高い報酬を支払えば、元部下に口利きしてもらえるので、不起訴になる云々という誤解も解いた方が/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=190"
"2015k_192","「ヤメ検は、検事という上級法曹から下りてきた存在であって、上級になれなかった生粋弁護士から尊敬の眼差しで見られている」と本気で/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=192"
"2015k_194","ヤメ検さんって、いわばレッテルを貼られることで、生粋系よりも高い報酬を得てきたんじゃないかな。/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=194"
"2015k_196","いえ。実際同期で集まると、そんなものですよ。RT @motoken_tw: 小倉弁護士もレッテル貼りがお好きなようで。/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=196"
"2015k_198","現役のヤメ検弁護士から自分を攻撃するためだけにブログを作られ、そこのコメント欄で自称医師たちから連日憎悪と呪いの言葉をぶつけられる/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=198"
"2015k_200","それより桁が一個上の話もよく聞きます。RT @yuki_k1: 民事の依頼者が刑事で捕まってしまったときヤメ検弁護士の着手金が500万/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=200"
"2015k_202","初年度から2000万以上もらっている人っていますかね?ヤメ検、ヤメ判、ヤメ官僚を除いて。RT/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=202"
"2015k_204","一般的にいえば、ヤメ検さんが役に立つ仕事ではないような。権力を笠に着ることも権力とのつながりを誇示することも意味がないので/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=204"
"2015k_206","左翼系の弁護士がベストの弁護活動をしてもなお冤罪を生み出す余地をどこまで残せるのかということは、ヤメ検の大物の生活水準の維持には/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=206"
"2015k_208","ヤメ検の大物の生活水準の維持には重要ですからね。検察時代の人脈を示唆して情状弁護するだけで大金をせしめる方式が維持できるか/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=208"
"2015k_210","ひょっとして「1年目の弁護士」には、元東京地検特捜部部長とか元検事正とか元事務次官とかも含まれるのでしょうか。RT @yjochi/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=210"
"2015k_212","役人さんって弁護士はぼろもうけしていると思い込んでいる節がありますね。ヤメ検が堕落するパターン。RT/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=212"
"2015k_214","同席してもらった分の報酬を弁護士に支払えない被疑者がほとんどというのが実態。故に、取調べへの弁護士立会いはビジネスにはならない。ヤメ検を除く/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=214"
"2015k_216","まあ、だいたい道を間違えるのは、「弁護士は儲かるものだ」とおもってヤメ検になる人達ですね。/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=216"
"2015k_218","そもそも数十年刑事系中心にやってきたヤメ検の大物にいきなり月数十万から百万円台の顧問料を企業が支払うこと自体やましいと思わなければいけないのに/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=218"
"2015k_220","激しく争わない。手を抜いてくれる可能性も多い。高いけど。RT @shimanamiryo: 相手方がヤメ検だと検事にどういうメリットが?>/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=220"
"2015k_222","刑事弁護で食べて行こうというヤメ検の方が、用心棒がわりに多額の顧問料をもらっているだけのヤメ検寄り添うまだマシのような/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=222"
"2015k_224","@yjochi 「ヤメ検村」で生きていくのも大変そうですね>宗像弁護士が、サンプロで、特捜部の捜査方針を苦しげに弁護している/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=224"
"2015k_226","落合先生や郷原先生のような例外を無視するなというお話なら納得。RT @motoken_tw: これを一般化するとどうなるか、考えてないよね/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=226"
"2015k_374","私を攻撃するためだけのブログを作り上げるヤメ検弁護士って言うのもいるんですよ。RT/小倉秀夫弁護士","http://hirono2015k.wordpress.com/?p=374"

次のコマンドを実行しました。

% h-mysql-python-2014k-query-search-tags.py ヤメ検 | grep /小倉秀夫弁護士 >> 小倉秀夫弁護士の再審請求と日弁連に関するツイートについて.txt

コマンドの実行結果を編集中のファイルの末尾に追加しています。

調べてまとめておく必要を感じたきっかけは次のツイートでした。

投稿者:Hideo_Ogura(小倉秀夫) 日時:2015/01/08 02:08 ツイート: https://twitter.com/Hideo_Ogura/status/552874350177554432
ヤメ検ならあるかも。RT @uwaaaa: 月100万の顧問契約なんてあり得るのか・・・

これをみると2015年1月8日の午前2時過ぎという投稿日時になっています。

小倉秀夫弁護士のツイート数は多く、Twilogにも登録していないので、過去に流れたツイートは追いにくくなります。上記は次の高度な検索の結果から得たツイートを元にしております。

"ヤメ検" from:Hideo_Ogura - Twitter検索 https://twitter.com/search?q=%22%E3%83%A4%E3%83%A1%E6%A4%9C%22%20from%3AHideo_Ogura&src=typd

以前に見た覚えのあるツイートもあれば、新たな発見というツイートもありました。自分にとって都合の良い情報や事実は無批判に取り上げるというのも、これまで見てきた小倉秀夫弁護士の特徴なので、まともに受け取ることも出来ませんが、傾向性としては新たな発見を含め参考になりました。

時刻は17時33分になっています。夕食のこともあるので、いったん区切りをつけ、しばらく中断したいと思います。

<2015-01-13 火 17:34> [ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]